式場選びのポイント

式場選びを進めるにあたって、二人の考えを事前に具体的に相談しておくことが大切です。具体的に何をどう選択するのか、以下のポイントを参考に相談しておきましょう。

 

1.コンセプト
まず、二人はどんな結婚式をしたいのか?という基本的な方針を二人の中でまとめて、方向性を決めることが大切です。
例えば、ご両親への感謝と親戚・友人への挨拶の場にするのか、親しい友人たちと近い距離で楽しく盛り上がるのか、それぞれの考え方で、式場選びの重視すべきポイントは変わってきます。

 

2.挙式の種類
主な挙式の種類には、キリスト教式、神前式、人前式、仏前式があります。
それぞれの挙式のスタイルによって、式場が限られる場合があります。最初から挙式の種類を限定する必要はありませんが、おおよその方向性を持って、式場を検討しましょう。

 

3.披露宴・披露パーティーのスタイル
挙式後は着席スタイルで披露宴を行うのが一般的です。その際にお食事会のような形式を取るのか、カジュアルな雰囲気の中で招待客が交流しながら食事をするスタイルを取るのか、その選択肢で式場も変わってきます。

 

4.時期
二人の仕事のスケジュールや季節、結婚資金の準備具合等、無理のない時期を事前に検討しておくことも大切です。ご両親とも事前に相談しておきましょう。

 

5.招待人数
式場によって、それぞれ収容可能な人数が異なりますので、結婚式に何人招待するのか、おおよその数で数えておきましょう。

 

6.場所
二人の出身地が離れている場合、どこで開催するのが良いか、事前に両家で話し合っておきましょう。その際は招待客のアクセスなどを考慮して相談しておきましょう。

 

7.予算
式場によって金額は変わってきます。二人で予算に対する認識をすり合わせた上で、それに見合った式場をターゲットにしましょう。

 

8.演出

式場によって実行できる演出は異なります。二人のオリジナルのアイデアを実現したい場合は、式場に事前に確認する必要があります。

 
9.両親の意向
二人の結婚式ですが、当然両家も関係してきます。もちろん二人の意向が最優先に尊重されますが、事前に両親の意向をキャッチアップして、後々問題になることがないように進めるのが大人の対応です。

おすすめ記事ピックアップ

  • img_05

    それぞれの式の特徴

    【キリスト教式】 教会や式場のチャペルでキリストの教えに基づき愛を誓う挙式です。神聖な雰囲気の中でウェディングドレスに身を包みバージンロードを歩むのが、女性の憧れの挙式スタイルです。…

    詳細を見る

  • img_07

    大規模な式場の種類と特徴

    【専門式場の特色】 結婚式を行うことが目的の施設ですから、チャペルや神殿、大小の会場、控室、待合室、写真室など結婚式を行うのに必要十分な設備が整っています。…

    詳細を見る

  • img_07

    式場選びのポイント

    式場選びを進めるにあたって、二人の考えを事前に具体的に相談しておくことが大切です。具体的に何をどう選択するのか、以下のポイントを参考に相談しておきましょう。…

    詳細を見る