それぞれの式の流れ

【キリスト教式の流れ】
牧師が中心となって式を進行します。
1.新郎入場
2.新婦入場・・・父親とバージンロードを歩み、先に待つ新郎に引き継ぐ
3.賛美歌斉唱
4.聖書朗読・祈祷・式辞
5.結婚の誓約
6.指輪交換・誓いのキス
7.神父による結婚宣言・結婚証明書サイン
8.賛美歌斉唱
9.新郎新婦退場

 

【神前式の流れ】
神主(斎主)が中心となって進めます。
1.参殿(入場)
2.修祓の儀・・・神主が祓詞を奏上し、おはらいをします。
3.祝詞奏上
4.三献の儀 ・・・三三九度の杯
5.誓詞奏上・・・新郎が結婚の誓詞を読み上げます。
6.指輪交換
7.玉串奉奠・・・新郎新婦が玉串を奉奠して二拝二拍手一拝します。
8.親族杯の儀・・・親族固めの杯
9.神主あいさつ
10.退場

 

【人前式の流れ】
司会者が進行します。
1.入場
2.開式宣言・人前式の趣旨説明
3.新郎新婦の宣誓
4.結婚証明書へのサイン(あるいは婚姻届けへの署名)
5.指輪交換・誓いのキス
6.結婚宣言・・・司会者がふたりの結婚が成立したことを宣言します。
8.退場

 

【仏前式の流れ】
住職が中心となって進めます。
宗派によって、違いはありますが、誓杯(三三九度の杯)や、誓紙への署名、指輪交換など、神前式と同じ流れで進行します。
住職から数珠を拝受したり、仏前に献花する場合もあり、仏前式ならではの儀式となっています。

おすすめ記事ピックアップ

  • img_05

    それぞれの式の特徴

    【キリスト教式】 教会や式場のチャペルでキリストの教えに基づき愛を誓う挙式です。神聖な雰囲気の中でウェディングドレスに身を包みバージンロードを歩むのが、女性の憧れの挙式スタイルです。…

    詳細を見る

  • img_07

    大規模な式場の種類と特徴

    【専門式場の特色】 結婚式を行うことが目的の施設ですから、チャペルや神殿、大小の会場、控室、待合室、写真室など結婚式を行うのに必要十分な設備が整っています。…

    詳細を見る

  • img_07

    式場選びのポイント

    式場選びを進めるにあたって、二人の考えを事前に具体的に相談しておくことが大切です。具体的に何をどう選択するのか、以下のポイントを参考に相談しておきましょう。…

    詳細を見る