結婚式場ナビ

将来を誓った二人が、両親や家族に報告をして、両家の顔合わせも済んだところで、検討を開始するのが、結婚式のスケジュールと会場探しです。二人の門出を披露するとともに家族や友人から祝福を受ける一大イベントです。一生の記念になる結婚式をどのような形式でどこで執り行うのか大いに悩むところですが、実際の選択肢を確認しながら、二人で相談しながら、時には先輩の意見や専門家のアドバイスを受けながら、検討してみましょう。

式の種類

式の種類は、現在実施されている一般的なものとして、キリスト教式、神前式、人前式、仏前式の4つがあります。キリスト教式、神前式、仏前式は、基本的にはその宗教の教義に基づいた儀式を伴う挙式です。平時は宗教色が前面に出ることが少ない日本ですが、挙式スタイルを決めるときは、念のために事前にご両親あるいは家族に相談をしたほうがよいでしょう。宗教と無関係な人前式にも、一定の流れがあります。式のスタイルは、式を挙げる二人のプランを優先しつつも、親族や招待客の顔ぶれも想定して決めましょう。

式の種類の詳細を見る

大規模式場の種類

挙式後の結婚披露パーティー(あるいは地域によって結婚祝賀会)を行う会場を探すことが結婚式場探しのメインテーマとも言えます。挙式のスタイルによっては、挙式会場と披露宴会場が別になり、移動が発生する場合もありますが、結婚式専門の式場やホテルなどには、チャペルや神殿が備えられており、1か所で挙式も披露宴も行うことができます。また、最近の新郎新婦は自分たちのアイデアやプランを盛り込んで、レストランやゲストハウスでパーティーを行うことも多いようです。それぞれの会場の特徴を見てみましょう。

大規模式場の種類の詳細を見る

会場の選び方

結婚式場探しのメインテーマとも言える会場選びでは、おふたりが結婚式場を実際に見学してみた印象が重要です。しかし、会場選びをスムーズに進めるために、おふたりの理想や考え方を、見学に行く前に相談してすりあわせておくことが重要です。「見学に行けば決まるだろう」と行ってみたら、ただ迷ってしまうばかりで、結局何も進展しないまま帰宅してしまうとういったケースも珍しくありません。会場を見学に行く前に、具体的に何を決めておけば良いのか、以下のポイントを参考に事前におふたりで相談しておきましょう。

会場の選び方の詳細を見る

その他の注意点

見学の結果、気に入った式場があったら、希望する時期の予約状況を確認しましょう。予約が空いている場合は、仮予約ができる式場が殆どですので、仮に日程を押さえてもらいます。仮予約期間は、たいてい1週間前後です。この間は予約金等は発生しませんので、二人でじっくり相談のうえ、最終決断をします。結論を出す前に両親にも確認を取っておきます。万が一迷いがある場合は、あわてて結論を出さずに、仮予約をキャンセルして冷静に判断をすることも必要です。最終チェックとして、その他の注意点を説明します。

その他の注意点の詳細を見る

おすすめ記事ピックアップ

  • img_05

    それぞれの式の特徴

    【キリスト教式】 教会や式場のチャペルでキリストの教えに基づき愛を誓う挙式です。神聖な雰囲気の中でウェディングドレスに身を包みバージンロードを歩むのが、女性の憧れの挙式スタイルです。…

    詳細を見る

  • img_07

    大規模な式場の種類と特徴

    【専門式場の特色】 結婚式を行うことが目的の施設ですから、チャペルや神殿、大小の会場、控室、待合室、写真室など結婚式を行うのに必要十分な設備が整っています。…

    詳細を見る

  • img_07

    式場選びのポイント

    式場選びを進めるにあたって、二人の考えを事前に具体的に相談しておくことが大切です。具体的に何をどう選択するのか、以下のポイントを参考に相談しておきましょう。…

    詳細を見る